時かけとクッションカバー

時かけの原作読み終わったから昨日の夜は録画してた映画版時かけを見ながら作業しました。熱く燃え上がりました。タイムスリップものほんまいい…すき…いろいろ考えたことツイッターにはきだして、これブログにまとめたいけどどうかな。するかな。考えるのすきなのでいろいろ考えるけど、雰囲気を楽しむ映画やしな。時かけに燃え上がりすぎて今週末読むつもりだったもう1冊が読めずそれは延長しました。予約してる人いなくてよかった。


今日も時かけ見ながら残りの作業してクッションカバー完成!予定通りGW期間中に終わってよかったー

夜中に切った布が切り方間違ってて、でも新たにとれるだけは残ってなかったので端の処理がそれぞれ違う。仕方ない。
なんと縫い直したのぜんぶで2回だけでした!予想外にうまくいったわ!(ぼんやりしてて縫う時の布合わせ間違ったのが1回と、ぼんやりしてて糸の色間違ったのが1回。ぼんやり)
約6年越しくらいでこの布が日の目見てよかった…そもそもなんで突然やる気になったって、今までこの中材置いてたタンスの上に別のもの置くことにしたから仕方なくなんですけど、これがなかったらきっと作らずに終わってたと思うと…すごく自分らしいけども。
ファスナーはやっぱり自信なかったので手縫いにしたけどめっちゃめんどくさかったです。でも自信ないから全部手縫い。


誰か忘れたけど友達が時かけよりおおかみこどものほうがおもしろいって言ってたような気がするのでとりあえず次はおおかみこどもを見るのと、時かけのブルーレイがほしい。
わたしのこの世間一般と違う時間軸で生きてる感じはいったいなんなのか。上映してる時とは言わんでもせめて地上波で放送してる時に見ればいいのに