読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

最近読んだ本

f:id:iglog:20170312232728j:plain

もはや最近でもないけど。

 

カフェスタイルな、お部屋改装術

ちょっとレベル高そうな内容っぽいなと思って借りてみたんですけど、ちょっとどころではなくレベルが高くて逆に参考にならなかった!

でもめっちゃおしゃれですごかったから、高度な日曜大工をしたい人には向いてると思う。わたしのようなちょっとしたものしか作らない人には向いてない。

 

■台所で元気になる、片づけたがり

両方山本ふみこさんの本。

ふむふむって感じでした。この人が誰なのかまったく知らないわたしにはあまり向いてなかった。

釜飯の釜グラタン食べたい。

 

■死神の精度

これもツナグと同じく昔に読んですごくすきで、買うか決める前に1回借りて読んどこうと思ったやつ。

昔読んだ時の方がおもしろいと感じた。わたしの記憶の中で美化されすぎていたのかもしれない。

でも今まで読んだ伊坂幸太郎の中ではやっぱりすきかな。

伊坂幸太郎はいろいろ回収してくれるから読後感わりと良い。

 

ブレイブストーリー

最高でした。最高。

最後ワタルちょっと成長しすぎでは感はなきにしもあらずですが、それ込みでも最高。

序盤きつかったし時間かかってしまったけど最後まで読んでよかったー!

 

探偵ガリレオ

写真には載ってないけどこの後に読んだやつ。

おもしろくなくはない。でもおもしろくもない。

これ人気シリーズと聞いたし、わりとずっと次に読むのは東野圭吾かなと思ってたところで満を持しての、やったので肩透かしを食らった感ともいう。

ホームズ的な天才主人公がわけもわからぬ間に事件を解決していくタイプの小説はわたしはあまりすきではないらしい。

でもアタル(ドラマ)はすきやったから、視覚的なものが入ったら良いのかも。

このシリーズはとりあえず容疑者Xの献身までは読んでみるつもり。

 

 

今は宮部みゆきの蒲生邸事件を読んでいます。

今のところすごくおもしろいです。

つまりわたしはやっぱり宮部みゆきの本を読んでいれば良いのでは?っていう小学生か中学生の頃から変わらない結論。

広告を非表示にする